fbpx

山崎パン—大幅反発、上半期上振れ着地で見直しの動きにも

マネーボイス 必読の記事



山崎パン<2212>は大幅反発。前日に上半期決算を発表、営業利益は122億円で前年同期比23.9%増益、1-3月期の同7.2%増に対して、4-6月期は同44.6%増と増益率が拡大し、市場予想も上回る着地になっている。下半期にかけての原料高の影響懸念は拭い切れないものの、株価が安値圏にあったことで、上半期の上振れ着地、通期計画の据え置きなどを受けて、目先のリバウンド期待も高まる状況のようだ。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー