fbpx

アクセル—ブロックチェーンの活用例を紹介するデモアプリ「Blockchain Showcase」の開発を発表

マネーボイス 必読の記事



アクセル<6730>は3日、子会社のVIPPOOL、及びCryptoLabとともに、ブロックチェーンビジネスを開拓するパートナーとして、ブロックチェーンの活用例を紹介するデモアプリ「Blockchain Showcase」を開発したと発表した。

ブロックチェーンは、分散型台帳と呼ばれる基盤技術の一種で、一定期間の取引データをコンピュータ同士で検証しあいながら、正しい記録をチェーンのようにつないで蓄積。従来の中央集権型のシステムに比べて、データの信頼性を保つためのセキュリティ費用が抑えられるため、低コストで高い信頼性を確保するシステムの構築が期待できるという。

今回開発した「Blockchain Showcase」は、Webサイトにアクセスすることで、誰でも手軽に体験することができ、スマートキー・ライブチケット・電子スタンプ・サプライチェーンの4つのコンテンツを利用シーンがイメージしやすいビジュアルで体験できるという。

同社及びVIPPOOL、CryptoLabは、今後、ブロックチェーンの社会実装に向けて、3社協業のもと、マーケティングや商品開発を進めていく方針。また、音源や動画、アート作品などデジタル資産の固有性や所有権を証明できるNFTを利用したプラットフォームの構築など、魅力あるサービスの実現に取り組むとしている。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー