fbpx

酒井重 Research Memo(2):長い歴史を有するロードローラのトップメーカー

マネーボイス 必読の記事



■会社概要

酒井重工業<6358>の歴史は古く、1918年に創業者である酒井金之助(さかいきんのすけ)によって設立された。当初は、自動車、内燃機関車及び蒸気機関車の部品製造並びに修理を行っていたが、1927年に機関車の製造を開始したことに続き、1929年には道路転圧用各種ロードローラの製造を開始した。以来、ロードローラを始めとする道路建設機械の専業メーカーとしての道を歩み続け、現在では国内シェア70.4%のトップメーカーとなっている。また1970年にはインドネシアに合弁会社を設立するなど、早くから海外展開を進めている。2021年3月期末現在、国内子会社4社、海外子会社5社(米国、中国、インドネシア3社)を有している。

株式については、1964年に東京証券取引所市場第2部に上場、その後1981年に東京証券取引所市場第1部に指定替している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー