fbpx

NY外為:ドル続落、米7月ADP雇用統計ネガティブサプライズを嫌気したドル売り継続

マネーボイス 必読の記事



NY外為市場では朝方発表された民間の雇用者数を示す、ADP雇用統計の予想を下回る結果を受けた金利の低下に伴うドル売りが継続。ドル指数は92.07から92.20まで下落した。米国債相場は急伸。10年債利回りは1.13%まで低下し、2月来の低水準で推移した。

ドル・円は109円04銭から108円74銭まで下落し、5月来の安値を更新。ユーロ・ドルは1.1860ドルから1.1896ドルまで上昇した。
ポンド・ドルは1.3923ドルから1.3944ドルまで上昇。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー