fbpx

NY外為:ドル続伸、クラリダFRB副議長のタカ派発言や米ISM非製造業指数で

マネーボイス 必読の記事



NY外為市場でドルは続伸し、高値を探る展開となった。米7月ISM非製造業景況指数が過去最高を記録するポジティブサプライズとなったほか、連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長が2022年末までに利上げの条件が達成できるとの見通しを示したことを受けて米国債相場が下落。10年債利回りはADP雇用統計発表後に1.13%まで低下後、1.2%を回復した。

ドル・円は108円72銭の安値から109円64銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1900ドルから1.1835ドルまで下落した。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー