fbpx

前場に注目すべき3つのポイント~ゴールドマンのS&P500目標引き上げは日本株にもポジティブに作用~

マネーボイス 必読の記事



6日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:ゴールドマンのS&P500目標引き上げは日本株にもポジティブに作用
■ニコン、上方修正 270億円←200億円、コンセンサス上回る
■前場の注目材料:楽天グループ、通信技術の海外展開加速、「仮想化」に自信


■ゴールドマンのS&P500目標引き上げは日本株にもポジティブに作用

6日の日本株市場はこう着ながらもリバウンドを意識したスタンスになりそうだ。5日の米国市場ではNYダウが271ドル高だった。週次失業保険申請件数が2週連続で減少し労働市場の斬新的な改善が示唆されほか、ゴールドマンサックスはS&P500種株価指数の年末目標を引き上げたことが投資家心理の改善に繋がり、景気敏感株を中心に買い直される格好から終日堅調に推移した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比130円高の27810円。円相場は1ドル109円70銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、買い先行で始まることになろう。薄商いが続いているほか、決算発表がピークを迎えるなかで積極的な売買は手控えられると考えられ、買い一巡後は次第にこう着感が強まりやすいところ。東京都では新型コロナウイルスの1日の新規感染者数が5000人を超えるなど、感染が急拡大していることも積極的な売買を手控えさせる一因となる。

ただし、主要企業の決算は概ね良好であり、先週末に大きく売られたファナック<6954>についても、今週はリバウンドを見せてきている。決算を受けてイレギュラー的な反応を見せた銘柄の修正の動きも意識されやすい。主要な企業の決算発表が通過してきており、見直す動きも次第に高まってくる可能性はありそだう。

また、ゴールドマンサックスのS&P500の年末目標の引き上げについては、ボトム圏で推移している日経平均に対してもポジティブに反応しやすい。先物市場ではクレディスイスがショートカバーの動きを見せてきていることもリバウンドへの期待に向かわせるだろう。そのため、日経平均は25日線が位置する28000円辺りを意識したリバウンドを想定した動きが見込まれ、短期的に売られる場面があるようだと、押し目買いの好機とした流れになりそうだ。物色としては引き続き決算を手掛かりとした日替わり物色のほか、強い基調が続いている海運株から物色対象に変化が見られるかが注目されよう。


■ニコン、上方修正 270億円←200億円、コンセンサス上回る

ニコン<7731>は2022年3月期業績予想の修正を発表。売上高は5100億円から5200億円、営業利益を200億円から270億円に上方修正した。コンセンサス(233億円程度)を上回る。映像事業では、デジタルカメラ市場の回復が顕著であり、中高級機カメラ・交換レンズの需要は強い。精機事業では、FPD・半導体露光装置ともに装置保守などのサービス関連事業が堅調に推移する。


■前場の注目材料

・日経平均は上昇(27728.12、+144.04)
・NYダウは上昇(35064.25、+271.58)
・ナスダック総合指数は上昇(14895.12、+114.58)
・シカゴ日経先物は上昇(27810、大阪比+130)
・1ドル109円70-80銭
・VIX指数は低下(17.28、-0.69)
・米原油先物は上昇(69.09、+0.94)
・海外コロナワクチン接種の進展
・日銀は金融緩和を長期化
・株価急落時の日銀ETF買い


・楽天グループ<4755>通信技術の海外展開加速、「仮想化」に自信
・名村造<7014>三菱造と提携、LPG・アンモニア運搬2隻建造
・三井物産<8031>印社に4億円出資、バイオ燃料拡販
・サイバーダイン<7779>カノンキュアと資本提携ー細胞シート支援
・三菱商事<8058>三菱商事など、蘭で水素供給網構築の共同調査
・大正薬HD<4581>進化する「リポビタンD」、ニーズに合わせ商品投入
・三菱ケミHD<4188>ヘルスケア1兆円必要、海外展開加速


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:30 6月家計支出(前年比予想:+0.2%、5月:+11.6%)
・08:30 6月毎月勤労統計・現金給与総額(前年比予想:+1.1%、5月:+1.9%)

<海外>
・特になし
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー