貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進するIMF、次のターゲットは日本

IMFの役割は、すで明確になっています。少なくともボリビアとフィリピンは気が付いているはずです。「貧乏人は水を飲むな、貧乏人は死ね」の世界を経験したからです。