fbpx

東京為替:アジア主要市場休場でドル・円は動意薄の状態が続く

マネーボイス 必読の記事



20日午前の東京市場でドル・円は、110円近辺で推移。ドル・円は底堅い動きを保っているが、アジア主要市場は休場であることから、有力な手掛かり材料は不足している。そのため、日中における主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続くとみられる。ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円90銭から110円04銭、ユーロ・ドルは、1.1723ドルから1.1733ドル、ユーロ・円は、128円91銭から129円06銭で推移。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー