fbpx

スクリーンHD—売り先行も下落幅を縮め75日線を回復

マネーボイス 必読の記事



下げ渋る。売り先行からマドを空けて始まったが、その後は下落幅を縮めており、75日線を回復している。一目均衡表では雲下限で下げ止まり、その後の出直りで雲上限を突破。遅行スパンは低下しているものの、実線は切り下がっているため、上方シグナルを継続させている。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー