fbpx

NY外為:ドルもみ合い、FOMC開催で

マネーボイス 必読の記事



NY外為市場でドルは連邦公開市場委員会(FOMC)が開催中で、結果発表待ちてもみ合いが続いた。株式相場の反発で、需要が後退したため朝方はドル売りが優勢となったが、その後、良好な米国の住宅関連指標、株式相場の失速に連れドル買いが再燃。ドル・円は109円46銭から109円19銭まで下落後、いったん下げ止まり109円31銭で推移した。ユーロ・ドルは1.1749ドルまで上昇後は、1.1717ドルまで反落。ポンド・ドルは1.3690ドルから1.3641ドルまで下落した。

朝方300ドル超高で寄り付いたダウは一時下落に減じたものの再びプラス圏に戻した。
米10年債利回りは1.325%から1.305%まで再び低下した。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー