fbpx

東京為替:1ドル109円40銭台、日経平均は乱高下、EUが米国との会談を中止

マネーボイス 必読の記事



午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=109円40銭台で推移。ニューヨークの国連総会で予定されていた、フランスなどEU諸国と米国との会談が中止となったとロイターが報じている。公式発表では日程が合わないとの理由が説明されているが、米国は欧州と、豪州の潜水艦導入をめぐり、関係が悪化しており、その影響との見方もあるもようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が174.29円安で午前の取引を終了した。中国恒大集団が23日に利払いを行うとの報道で、株価は一時、プラスに転じる場面があった。しかし、利払いされるのは元建て社債の2.32億元とだけ報じられ、ドル建て社債には言及されていないことから、警戒感が再燃し株価は再び下落に転じる、不安定な値動きとなった。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー