fbpx

パイプドHD—法人向け動画配信サービス「Showcase(R)」を開発

マネーボイス 必読の記事



パイプドHD<3919>は22日、子会社のパイプドビッツが、デジコンがSDPを利用し、マーケティング機能を強化した法人向け動画配信サービス「Showcase(R)」を開発したと発表した。SDPは、Web制作会社や開発会社が、ローコード開発プラットフォーム「スパイラル(R)」を利用して、スムーズにアプリケーションを構築し、クライアントに提供できるようにするためのパートナープログラム。これを活用することで、デジコンは今回の開発を、仕様決定から1ヶ月という短期間で実現したとしている。

デジコンは、動画の企画から撮影、Web制作まで、動画配信に関わるすべてをワンストップで提供するソリューションベンダー。近年顧客ごとに異なる要件に個別対応することは、開発面でも運用面でも工数がかかり、未知数の多い新規事業に工数を割くことが難しい状況となっていたという。今回パイプドビッツの開発会社向けパートナープログラム「SDP」を利用し、初期費用を抑えながら、動画配信に関する様々なニーズをパッケージ化した新サービス「Showcase(R)」を立ち上げたとしている。




いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー