fbpx

東京為替:1ドル111円近辺、米上院、つなぎ予算案の審議否決

マネーボイス 必読の記事



午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=111円近辺で推移。米国の上院は、連邦政府の債務上限適用を2022年末まで凍結と、政府機関の閉鎖を回避する、つなぎ予算の審議入りを反対多数で否決したとロイターが報じている。

一方、東京株式市場は日経平均が154.34円安と下げ幅を拡大している。北朝鮮のミサイル発射や、米上院で予算関連法案の審議入りが否決され、個人投資家のリスクセンチメントが悪化し、相場の下押し圧力となっているもようだ。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー