fbpx

マザーズ先物見通し:反落、BASEに手掛かり、25日線の維持が争点

マネーボイス 必読の記事



本日のマザーズ先物は反落が予想される。15日の米国株式市場は9月小売売上高が予想外に2カ月連続の増加となったため景気回復期待が強まり寄り付き後、上昇。強い企業決算がインフレ懸念を相殺し、引けにかけて上げ幅を拡大、ナスダックも上昇した。本日のマザーズ先物は、米国市場が上昇したものの、ナイトセッションは下落した流れを引き継ぎ、反落でのスタートが予想される。国内では時価総額上位のBASE<4477>の外国人持ち株比率が5割を超えたと日本経済新聞が報じており、投資家に注目された同社が相場を下支えすることが期待される。日足チャートでは、先週末に上に抜けた25日線を維持できるかが争点となりそうだ。本日の上値のメドは1140.0pt、下値のメドは1090.0ptとする。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー