fbpx

SUBARU—急落、10月の減産拡大報道などで利食い売り

マネーボイス 必読の記事



SUBARU<7270>は急落。10月の国内生産を当初計画の約6.4万台から4万台へと4割程減産する見通しであると伝わっている。世界的な半導体の供給不足、新型コロナウイルスの影響で東南アジアからの部品調達に支障が出ているもよう。11月の減産幅は10月に比べて縮小しそうなものの、当初計画からは2割程度減産の見込みとされている。これまでのトヨタの減産報道などを背景に概ね織り込み済みとも思われるが、直近の急連騰の反動もあり、利食い売りのきっかけにつながる形へ。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー