fbpx

東京為替:ドル・円は上げ渋り、夕方にかけて下落

マネーボイス 必読の記事




20日の東京外為市場でドル・円は上げ渋り。日本株高で円売りが強まるなか、仲値にかけて国内勢のドル買いにより114円70銭まで値を切り上げた。ただ、2017年11月に付けた高値114円74銭が意識され、ドルは失速。米金利の失速とともに売りが強まり114円30銭まで下げた。

・ユーロ・円は133円48銭から132円96銭まで下落した。
・ユーロ・ドルは1.1652ドルから1.1623ドルまで値を下げた。

・17時時点:ドル・円114円30-40銭、ユーロ・円132円90-00銭
・日経平均株価:始値29,385.95円、高値29,489.11円、安値29,222.32円、終値29,255.55円(前日比40.03円高)

【金融政策】
・中国人民銀行:1年物ローンプライムレートを3.85%に据え置き

【経済指標】
・日・9月貿易収支:-6228億円(予想:-5304億円、8月:-6372億円)
・英・9月消費者物価指数:前年比+3.1%(予想:+3.2%、8月:+3.2%)
・英・9月生産者物価指数・産出:前年比+6.7%(予想:+6.8%、8月:+5.9%)
・ユーロ圏・8月経常収支:+134億ユーロ(7月:+226億ユーロ←+216億ユーロ)
・南ア・9月消費者物価指数:前年比+5.0%(予想:+5.0%、8月:+4.9%)

【要人発言】
・磯崎官房副長官
「為替の安定は非常に重要で、引き続き市場動向を注視する」
「足元の為替水準のコメントは控える」


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー