fbpx

【市場反応】カナダ9月CPI、18年ぶり最大の伸びも原油反落で加ドル上下に振れる

マネーボイス 必読の記事



カナダ9月消費者物価指数は前年比+4.4%となった。伸びは8月+4.1%から拡大し、2003年2月来で最大となった。

インフレ率の上昇を受けたカナダドル買いにドル・カナダは一時1.2335カナダドルまで下落。しかし、原油価格の反落に連れカナダドル買いも後退し1.2350カナダドルまで反発し、もみ合いとなった。カナダ円は92円63銭から92円35銭まで下落。

NY原油先物は7年ぶりの高値83ドル台から81ドル台へ反落した。

【経済指標】
・カナダ・9月消費者物価指数:前年比+4.4%(予想:+4.3%、8月:+4.1%)

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー