fbpx

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆主に132円台で推移し、もみ合う状態が続く見通し

マネーボイス 必読の記事



ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)まで戻し、さらに137円50銭(2018/2/2)まで買われた。10月のユーロ圏総合PMIは市場予想を下回ったが、域内経済の持続的な成長への期待は残されており、米長期金利が伸び悩んだ場合、リスク回避的なユーロ売り・米ドル買いは縮小するとみられる。そのため、米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロ・円は主に132円台で推移し、もみ合う状態が続くとみられる。

【ユーロ売り要因】
・米量的緩和策の縮小は年内開始の公算
・米長期金利の上昇
・中国経済の先行き不安

【ユーロ買い要因】
・米長期金利の伸び悩み
・欧米諸国の株高
・ユーロ圏経済の持続的な成長期待


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー