fbpx

個別銘柄戦略:飯田GHDやリンナイなどに注目

マネーボイス 必読の記事



先週末22日の米国市場ではNYダウが73.94ドル高の35677.02と反発した一方、ナスダック総合指数は125.50pt安の15090.20と反落、シカゴ日経225先物は大阪日中比140円安の28730円と軟調だった。週明け25日早朝の為替は1ドル=113.50-60円(先週末午後3時は114.01円)。本日の東京市場では、米ナスダック安や対ドルでの円高などを背景にソフトバンクG<9984>や任天堂<7974>、日東電工<6988>のほか、トヨタ<7203>、日産自<7201>などが軟化しそうだ。反面、原油先物価格の上昇など資源価格の高止まりを受けて住友鉱山<5713>、三井物産<8031>などは堅調が予想される。また、コロナ流行の鎮静化を手掛かりにJR東日本<9020>などの水準訂正が続きそうだ。そのほか、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された飯田GHD<3291>、トレンド<4704>、リンナイ<5947>、ディスコ<6146>、コマツ<6301>などにも注目。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー