fbpx

東京為替:ドル・円は上げ渋り、買い一巡後は円買いが下押し

マネーボイス 必読の記事




25日の東京外為市場でドル・円は上げ渋り。仲値にかけて国内勢がドル買いを強め、朝方に113円47銭から113円83銭まで値を上げた。ただ、原油高を背景に日経平均株価が前週末比で弱含み、日本株安を嫌気した円買いがドルの一段の上昇を抑制した。

・ユーロ・円は132円11銭から132円60銭まで上昇した。
・ユーロ・ドルは1.1636ドルから1.1665ドルまで値を上げた。

・17時時点:ドル・円113円60-70銭、ユーロ・円132円40-50銭
・日経平均株価:始値28,527.13円、高値28,668.70円、安値28,472.55円、終値28,600.41円(前日比204.44円安)

【経済指標】
・日・8月景気動向指数・先行改定値:101.3(速報値:101.8)
・独・10月IFO企業景況感指数:97.7(予想:97.9、9月:98.8)

【要人発言】
・特になし



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー