fbpx

「株は簡単」なぜ元為替ディーラーの投資顧問が人気?7ヶ月で運用実績+40%の投資手法

コロナ禍に入ってからもうすぐ2年、一時は世界的に大暴落した株式市場も息を吹き返し、米国株は史上最高値を更新し続けています。この流れはどこまで続くのか、近いうちに一瞬にして崩れ去るのか。コロナ収束時期、世界的なインフレの行方、各国の動きや経済政策などなど、材料が多すぎて個人投資家が読み解くには難しい相場が続いています。

そんななか、新進気鋭の投資顧問「ファイネストアドバイザリー(FINEST ADVISORY)」は、期間契約の会員向けに2021年4月から10月にかけての運用益で+40%の利益をもたらしたと言います。この期間、決して平坦ではなかった日本株で、どのようにしてリスクヘッジを行いながら利益を積み上げたのか!? ファイネストアドバイザリー助言責任者で元為替ディーラーの森本貴志氏は『FXに比べれば、株は簡単』と言いきります。どういうことか。その理由を本人に直接教えていただきました。

「株はヒントが多いから簡単」元為替ディーラーの投資助言が人気

FRONTEO<2158>で4.13倍を達成!

まずは「ファイネストアドバイザリー(FINEST ADVISORY)」の実績を見てみましょう。

2021年2月2日、会員向けメールでFRONTEO<2158>を株価654円で紹介。2021年10月28日に同銘柄の株価は2,703円まで上がり、紹介から4倍高となりました。

211116_fa_n2_2158

紹介当日に配信された会員向け情報では、株価上昇を見込める理由がしっかりと具体的に書かれています。

会員向けメール:2021年2月2日 注目銘柄(後場)より

FRONTEO<2158>
自然言語処理に特化した自社開発AIエンジンを用いて重要な情報を抽出し、企業のビジネスを支援するデータ解析企業。今期第2Q累計の連結経常損益は1.8億円の赤字となり前年同期の8.2億円の赤字から赤字幅が縮小となった。1月18日に第1種医療機器製造販売業許可を取得したことにより国内初の言語系AI医療機器のワンストップモデルが構築できるようになったことや内閣府が創設した「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」プロジェクトに参加することが明らかになったことを好材料に株価については2ヶ月振りに700円台まで上昇した。次の目標は前回高値の833円となりそうだ。

また単発契約では銘柄紹介後のアフターフォローも充実しており、配信される毎日のメールにて、動きがあるたびに細かくアドバイス。手厚いサポートで安心して相場と向き合うことができるよう徹底されています。

メールアドレスを入力して「銘柄情報を無料で受け取る」

  • メールアドレス

「個人情報保護方針」及び「電磁的方法」を確認・同意の上、登録する

上記のフォームよりメールアドレスを入力し送信することで、株式会社ファイネストアドバイザリーの無料会員として登録されます。登録メールアドレスなどの個人情報は発行元の株式会社ファイネストアドバイザリーが管理します。個人情報はプライバシーポリシーのもと厳重に管理され、株式会社ファイネストアドバイザリー以外の第三者に開示されることはありません。詳細は株式会社ファイネストアドバイザリーの個人情報保護方針をご確認ください。

相場の最前線で戦ってきた元証券ディーラーが助言

ここからは、投資顧問「ファイネストアドバイザリー」助言責任者の森本貴志氏にお話をお伺いします。

プロフィール:森本 貴志(もりもと たかし)
インヴァスト証券、DMM.com証券にて先物営業、証券営業、為替ディーラーを歴任。有価証券報告書を起点としたファンダメンタルズ分析を基本とする銘柄選定を得意とする。トレンドの踊り場や転換時に発生するレンジ相場にはめっぽう強く、レンジ内での逆張りで高い勝率を誇る。この通称『森本の壁』はなかなか崩れないサポート・レジスタンスラインを評して名づけられた。

――早速ですが、なぜ昨年末にサービスを開始したばかりの「ファイネストアドバイザリー」がすぐに『7ヶ月で運用益+40%』という結果を出せたのか。その勝因についてどうお考えですか?

森本氏:はい。まず、期間契約の会員への運用助言結果として「+40%」だったことを説明させてください。短期の単発契約もあるのですが、その結果はマチマチです。マイナスもあれば、倍増もありました。

期間契約プランの運用助言がうまく行った理由の1つには、「ファイネストアドバイザリー」のメンバーが全員、元為替ディーラーだったことが挙げられると思います。為替ディーラー時代に意気投合し、その後はそれぞれ為替だけではなく、株、先物、債券とあらゆる金融商品を扱って経験を積んできています。その後、投資家にとって本当に有益な情報を提供する「理想の投資顧問」を運営するため集結したのですが、各人が相場の最前線で戦ってきたノウハウが、そのまま今回の成績に繋がったと感じています。

――では、なぜ日本株の個別銘柄を中心に助言されているのでしょうか?為替ディーラーの経験はどう活かされているのでしょうか?

森本氏:語弊があるかもしれませんが、FXと比べれば株は簡単です。理由は、ファンダメンタルズに関するヒントが多いからです。気になったことは、大抵は調べればわかりますし、IRに連絡して直接質問することも可能ですからね。為替となると、国ごとの政策だったり、個人では計り知れない部分が多く、ギャンブル要素が高くなってしまいます。その点、株式投資の方が相場を読むのは簡単だと感じています。

211116_fa_1

――「株は簡単」すごい自信ですね!

森本氏:少し言い過ぎかもしれませんが、そのくらいの自信はあるということです。他社の投資顧問さんで「1ヶ月で倍増」などと謳うところもありますが、私はそのような運用は投資ではなく、ギャンブルだと思いますね。しかし、そのようなリスクを排除しながら【半年から1年で倍増】ならこの相場では可能だと考えます。その点で『7ヶ月で運用益+40%』の実績は、その証明ができたと思っています。何よりも期間契約のお客さまに利益を提供できたことが本当に嬉しいですね。

――会員さんからの評判はどうでしょうか?

森本氏:ファイネストアドバイザリー」は、まだ歴史が浅く会員数は少ない投資顧問ですが、それでも満足しているというお声は多くいただいています。無料会員向けにも朝・昼・夕・臨時メールと常に相場をリアルタイムにフォローするメールを配信していまして、評判は上々です。

――「昼」も!朝・夕の情報配信はよく見かけますが、それは短期目線のトレーダーにも手厚いフォローだと感じます。

森本氏:はい。デイトレ、または1週間程度のスイングトレードには自信があります。相場をリアルタイムで追いかけて発信することで、チャンスを逃さず会員に利益を上げて欲しいですからね。ただ、正直に言うと毎日お昼にまとめるのは大変で…他社さんがやっていないのはそういう事だからでしょうね(笑)。

と考えています。

――なるほど。私も株式投資をやっているんですが、仕事をしている日はザラ場の動きは当然見れないので、メールを読むだけで今の場況がプロ目線でわかるのはすごく助かりますね。

メールアドレスを入力して「銘柄情報を無料で受け取る」

  • メールアドレス

「個人情報保護方針」及び「電磁的方法」を確認・同意の上、登録する

上記のフォームよりメールアドレスを入力し送信することで、株式会社ファイネストアドバイザリーの無料会員として登録されます。登録メールアドレスなどの個人情報は発行元の株式会社ファイネストアドバイザリーが管理します。個人情報はプライバシーポリシーのもと厳重に管理され、株式会社ファイネストアドバイザリー以外の第三者に開示されることはありません。詳細は株式会社ファイネストアドバイザリーの個人情報保護方針をご確認ください。

「森本の壁」は崩れない。同業者も一目置く相場観とは?

――「森本の壁」という気になるワードを「ファイネストアドバイザリー」さんのサイトで見かけたのですが、どういったものなのでしょうか?

森本氏:それは、証券ディーラー時代の仲間が勝手に名付けたものなんです(笑)。ディーラーが集まる会合では、どんな店に行っても結局は相場の話になります。あの株は上がる、この株はどうなる、と各自の展望を披露して盛り上がるのが常です。私はレンジ相場を得意としているのですが、ディーラー仲間の間で『森本が“壁”として設定したレンジって、なかなかブレイクしないよね!』とじわじわ評判になり、ほかの同業者からも『次の“森本の壁”はどのあたり?』と聞かれるようになりました。

ここ数ヶ月の相場ではトレンドフォローがメインで出番は少なかったのですが、この先、会員向けの情報配信でも、この「森本の壁」がお力になれると考えています。

――なるほど「業界や相場のプロも認めている相場観」ということですね。

211116_fa_2

森本氏:ありがたいことです。また、証券ディーラー時代の横のつながりや、今も人脈を広げて情報収集を行っていますので、いわゆる『早耳筋(相場に関係する材料を人より早く手に入れる情報通)』から情報を得られることも強みだと思っています。もちろん、その情報も鵜呑みにはせず、分析精査を行い、これまでの経験から取捨選択して会員への助言に活かしています。

――今後の相場の見立てについて教えてください。特に米国株はどんどん最高値を更新していますが、この流れは続くのか、展望をお聞かせいただきたいです。

森本氏:そうですね。テーパリングは年内、利上げも控えていますが、指数への寄与度が高いGAFAMに陰りは見られません。なので、当面はイケイケどんどんの状態が続くのではないでしょうか。出遅れの日本株もそこに追随していくでしょう。やがては世界的なインフレが問題になりますが、転換は早急ではないと考えています。

当然、これは個人的な考えで、「ファイネストアドバイザリー」のアナリスト全員がまったく同じ意見かというと、そうではありません。それぞれの得意分野があって、分析精査と議論を重ね、自信のある銘柄だけを推奨しています。仮に各指数が乱高下するなかでも、成長し独歩で株価が上がる個別銘柄を厳選して推奨していくという心構えで運営しています。

――「指数は指数。日経平均が下がっても、逆行高する個別銘柄を選ぶから任せてくれ」という意気込みを感じました。

森本氏:それで合っています(笑)。

――今後、会員のためにこんなサービスを展開していくなどの予定はありますか?

森本氏:会員向けに無料セミナーや金融塾を開いて、少しでも会員の金融リテラシーを高められればと考えています。欧米諸国と比べると、日本はまだまだ投資に否定的な意見も多く金融リテラシーや知識も低いのが現実です。YouTubeなどで投資の指南動画も数多く上がっていますが、金融や投資をきちんと理解できていない配信者も多いのが現状です。ですので、私たちは『投資助言業の登録を行うプロ』として、投資の方法・大切さを伝えられたらと思っています。ぜひ、まずは無料会員から、私たちの情報に触れていただけたら嬉しいです。

――本日はありがとうございました。

メールアドレスを入力して「銘柄情報を無料で受け取る」

  • メールアドレス

「個人情報保護方針」及び「電磁的方法」を確認・同意の上、登録する

上記のフォームよりメールアドレスを入力し送信することで、株式会社ファイネストアドバイザリーの無料会員として登録されます。登録メールアドレスなどの個人情報は発行元の株式会社ファイネストアドバイザリーが管理します。個人情報はプライバシーポリシーのもと厳重に管理され、株式会社ファイネストアドバイザリー以外の第三者に開示されることはありません。詳細は株式会社ファイネストアドバイザリーの個人情報保護方針をご確認ください。

無料紹介銘柄も株価上昇!その実績の一部をご紹介

期間契約の有料サービスを利用する会員に『7ヶ月で運用益+40%』の利益をもたらした「ファイネストアドバイザリー」は、無料会員向けの銘柄紹介でもまったく手を抜かず、有益な情報を配信し続けています。

メールアドレスを登録するだけの無料会員はどんな情報が得られるのか。実際に配信された無料会員向けメールを株価の動きと合わせてご紹介いたします。無料コンテンツとして配信された内容であり、実績として挙げた「運用益+40%」には含まない成果であることにも驚かされます。

211116_fa_n2_5698

会員向けメール:2021年5月6日 注目銘柄(前場)より

エンビプロ<5698>
廃棄物や資源物のリユース・リサイクル・リマニュファクチャリング、中古自動車・部品の国際流通などを行っている。2月8日に通期業績予想の上方修正と増配が発表された。株価については12月上旬から上昇の波に乗っており、月足では12ヶ月線と24ヶ月線がゴールデンクロスを描いているため更なる上昇を期待したい。2018年の高値も射程圏内か。政府が2月に使用済みプラスチックの再利用を2035年までに現状の80%程度から100%へ引き上げる目標を掲げることを発表しており、当社の資源循環事業への追い風となりそうだ。

211116_fa_n2_9110

会員向けメール:2021年4月20日 注目銘柄(前場)より

NSユナイテッド海運<9110>
海上・陸上・航空貨物運送業、船舶の売買、賃貸借、修理および管理などを行っている。第3Q累計の連結経常利益は前年同期比37.6%減の29.4億円に落ち込んだが通期の同利益は従来予想の22億円→36億円(前期は54.7億円)に63.6%上方修正され減益率が59.8%減→34.3%減に縮小する見通しとなった。また3月25日には今期配当の15円増額修正されている。株価については1月中旬に25日線と75日線がゴールデンクロスを描いて以降、25日線付近にサポートされつつ上昇トレンドに乗っている。バルチック海運指数が約1年ぶりの高値水準をみせており海運銘柄への注目が集まっており今後の動きにも注目していきたい。

211116_fa_n2_7625

会員向けメール:2021年10月15日 注目銘柄(前場)より

グローバルダイニング<7625>
都市部に外食チェーン、レストランを展開。1月10日に当社の3連休特別コラムにて紹介。代表取締役の長谷川社長が7日に緊急事態宣言が発令されても通常通り営業すると表明し市場はそれに対し好反応を見せ1月8日の同社株価は16%超の大幅高に。コラム紹介後の最高値は682円と紹介時の215円から約3.2倍となった。

新型コロナの影響で打撃を受けた外食業界ですが、緊急事態宣言等の解除や感染者数の減少、そして昨日サイゼリヤや吉野家、コメダの好決算が発表されたこともあり10月末に決算を控える同社にも注目が集まっている。株価については9月末より上昇し7月からもみあっていた価格帯から脱出。直近の株価は6月末の価格まで回復をみせている。一目均衡表の雲を抜けボリンジャーバンドでも+2σ-+3σ間を上昇しバンドウォークが続いている。年初来高値更新ならびに14年ぶりの700円台回帰なるか。

メールアドレスを入力して「銘柄情報を無料で受け取る」

  • メールアドレス

「個人情報保護方針」及び「電磁的方法」を確認・同意の上、登録する

上記のフォームよりメールアドレスを入力し送信することで、株式会社ファイネストアドバイザリーの無料会員として登録されます。登録メールアドレスなどの個人情報は発行元の株式会社ファイネストアドバイザリーが管理します。個人情報はプライバシーポリシーのもと厳重に管理され、株式会社ファイネストアドバイザリー以外の第三者に開示されることはありません。詳細は株式会社ファイネストアドバイザリーの個人情報保護方針をご確認ください。

投資スタイルに合わせて選択。充実のサービス内容

ファイネストアドバイザリー」では、市場営業日に毎日数通の情報配信メールのほか、無料で利用できるサービスが多数用意されています。無料会員でもメール・電話で助言を受けられるなど、投資初心者はもちろん、経験のある熟練の投資家にとっても有益なサービスを提供しています。

211111_FINEST_1

さらに、有料サービスを利用すればより精度の高い情報サービス・充実のサポートを受けられます。プランも単発契約・期間契約・成果報酬契約と運用方法に合わせて選択できます。

211111_FINEST_2

日経平均株価はコロナショックでの大暴落から一気にバブル経済崩壊後の最高値まで駆け上がったことで、株式投資への注目が高まっています。新規参入者が増えることによってさらなる株価上昇に期待ができますが、相場がこれまでとはまた違った動きする可能性も高まります。先が読めない混沌とした相場で”勝ち組投資家”となるために、ぜひ「ファイネストアドバイザリー」を活用してみてはいかがでしょうか。

メールアドレスを入力して「銘柄情報を無料で受け取る」

  • メールアドレス

「個人情報保護方針」及び「電磁的方法」を確認・同意の上、登録する

上記のフォームよりメールアドレスを入力し送信することで、株式会社ファイネストアドバイザリーの無料会員として登録されます。登録メールアドレスなどの個人情報は発行元の株式会社ファイネストアドバイザリーが管理します。個人情報はプライバシーポリシーのもと厳重に管理され、株式会社ファイネストアドバイザリー以外の第三者に開示されることはありません。詳細は株式会社ファイネストアドバイザリーの個人情報保護方針をご確認ください。

[投資顧問契約に係るリスクについて]
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等(市場リスク)それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

[重要事項、及び注意事項]​
投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービス内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。

[免責事項]​​
ホームページ及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、株式会社ファイネストアドバイザリー (以下「当社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。提供情報は、当社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ホームページ及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。当社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、情報の正確性及び、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、またその結果について、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
株式会社ファイネストアドバイザリー
関東財務局長(金商)第3210号
一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02912
〒164-0001 東京都中野区中野5-24-18 クロス・スクエアNAKANO6F

文:マネーボイス編集部
PR:株式会社ファイネストアドバイザリー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー