fbpx

今日の為替市場ポイント:新型コロナウイルスの新たな変異株出現でドル買い抑制も

マネーボイス 必読の記事



26日のドル・円は、東京市場では115円37銭から114円14銭まで反落。欧米市場では、114円42銭から113円05銭まで続落し、113円16銭で取引終了。本日29日のドル・円は主に113円台で推移か。新型コロナウイルスの新たな変異株出現が警戒されており、ドル買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。

報道によると、南アフリカなどで見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株(オミクロン株)への対応を急ぐため、製薬各社は変異株の詳細なデータ収集を進めているようだ。既存のワクチンの効果が弱まる可能性があるため、ワクチン追加接種の投与量を増やすことや、オミクロン株に特化した追加接種用ワクチンの開発についても研究を進めていると報じられている。世界保健機構(WHO)の報道官は、「オミクロン株の感染力やワクチンの有効性などに関する情報が得られるまで数週間かかる」との見方を伝えている。

新たな変異株(オミクロン株)の感染がさらに拡大した場合、世界経済の持続的な成長は実現困難になるとの見方が浮上している。欧米諸国などの金融政策にも一定の影響を及ぼすとみられており、米国金利の先高観がさらに後退した場合、ユーロ、日本円に対するドル売りがただちに縮小する可能性は低いとみられる。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー