fbpx

NY外為:ドル買い再燃、パウエルFRB議長が高インフレリスクに言及=米下院証言

マネーボイス 必読の記事



NY外為市場では連邦準備制度理事会(FRB)の金融緩和策解除の軌道を織り込みドル買いが再燃した。パウエルFRB議長は下院金融サービス委での証言で、30日の上院銀行委での証言に続き、「持続的な高インフレリスクは明らかに上昇」もはや高インフレが「一時的」と見ていないとした。

米国債相場は軟調。米10年債利回りは1.48%で高止まり。ドル・円は朝方の安値112円75銭から回復し、113円を挟む攻防。ユーロ・ドルは1.1358ドルの高値から1.1325ドルまで反落した。

米株式相場は上昇。新型コロナの変異株オミクロンへの脅威が緩和した。ダウは400ドル超高。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー