fbpx

12月1日のNY為替概況

マネーボイス 必読の記事



 1日のニューヨーク外為市場でドル・円は113円40銭から112円67銭まで下落し、引けた。

経済協力開発機構(OECD)による世界経済成長率の引き下げを警戒したリスク回避の円買い、11月ISM製造業景況指数や製造業PMI改定値が予想を下回りドル売りが優勢となった。パウエルFRB議長が下院金融サービス委での証言で量的緩和(QE)縮小の早期終了を再度示唆したためいったんドル売りが後退。しかし、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)が米国内で初のオミクロン変異株感染確認を発表したためドル売りが再燃した。
  

ユーロ・ドルは1.1311ドルから1.1358ドルまで上昇し、引けた。
  

ユーロ・円は128円34銭から127円57銭まで下落。リスク回避の円買いが強まった。
 
ポンド・ドルは1.3352ドルまで上昇後、1.3281ドルまで下落した。
英11月製造業PMI改定値が予想外に低下しポンド売りが優勢になったほか、パウエルFRB議長が量的緩和(QE)縮小加速の可能性を再度示唆したことを受けたドル買いが強まった。


ドル・スイスは0.9218フランから0.9169フランまで下落した。

 
【経済指標】
・米・11月ADP雇用統計:+53.4万人(予想:+52.5万人、10月:+57万人←+57.1万人)
・米・11月ISM製造業景況指数:61.1(予想:61.2、10月:60.8)
・米・10月建設支出:前月比+0.2%(予想:+0.4%、9月:-0.1%← -0.5%)
・米・11月製造業PMI改定値:58.3(予想:59.1、速報値:59.1)
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー