fbpx

前日に動いた銘柄 part1 ダイビル、日本精線、メドピアなど

マネーボイス 必読の記事



銘柄名<コード>1日終値⇒前日比
商船三井<9104> 6730 +230
三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価引き上げ。

トヨタ自<7203> 2045.5 +44.5
UBS証券は投資判断を格上げ。

安川電機<6506> 5260 +170
ファナックの投資判断格上げが刺激材料に。

共立メンテナンス<9616> 3900 -95
オミクロン株を巡る不透明感が引き続き重しに。

ダイビル<8806> 1764+300
商船三井が実施するTOB価格2200円にサヤ寄せ。

日本精線<5659> 5080+705
大同特殊鋼が過半数保有目指してTOB実施。

宇徳<9358> 616+100
商船三井が実施するTOB価格725円にサヤ寄せ。

メドピア<6095> 3900 +325
大和証券では投資判断を「3」から「2」へ格上げ。

ドリームインキュベータ<4310> 940 +113
投資ファンドの大量保有が伝わる。

井筒屋<8260> 336 +27
値頃感や仕手性の強さ妙味に短期資金物色か。

ジェイリース<7187> 2193 +138
値動きの軽さなど妙味に短期資金の押し目買いが優勢。

セイコーエプソン<6724> 1901 +71
特に材料見当たらないが調整一巡感で押し目買い優勢。

名村造船所<7014> 213 +12
200円レベルが下値の節目と意識も。

ファナック<6954> 23235 +990
大和証券では投資判断を格上げ。

レンゴー<3941> 815 +48
段ボール原紙の値上げ実施を発表。

ダイフク<6383> 9390 +300
年初来安値水準までの調整で押し目買い優勢。

TOTO<5332> 5190 +160
みずほ証券では投資判断を格上げ観測。

日本通信<9424> 229 -41
特に目立った材料も観測されず需給要因が中心か。

JMDC<4483> 8330 -790
高値圏で利食い売り優勢の展開にも。

Sansan<4443> 8330 -790
マザーズ安などで中小型のグロース株の一角が軟化。

ペプチドリーム<4587> 2696 -166
コロナ用飲み薬2023年実用化と伝わるが反応薄。

日本オラクル<4716> 10610 -550
30日に逆行高となった反動で利食い売り優勢。

ツルハHD<3391> 12090 -710
11月の月次動向を弱材料視。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー