fbpx

大阪金概況:下落、円安・ドル高で割高感意識するも方向感を欠く展開

マネーボイス 必読の記事



大阪取引所金標準先物 22年10月限・日中取引終値:6450円(前日日中取引終値↓70円)

・推移レンジ:高値6468円-安値6445円

2日の大阪取引所金標準先物(期先:22年10月限)は下落した。朝方、外為市場で112円80銭台と、昨日15時頃に比べ50-60銭ほど円高・ドル安に振れたことから、円建てで取引される金先物の割高感が意識され、金先物は売りが先行した。一方、市場では新型コロナ「オミクロン型」への警戒感が強く、安全資産としての金の需要も継続し、今日の金先物はやや方向感を欠く動きとなった。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー