fbpx

前日に動いた銘柄 part1 オープンドア、日本電波工業、ソフトバンクグループなど

マネーボイス 必読の記事



銘柄名<コード>7日終値⇒前日比
オープンドア<3926> 2065 +147
先週の週足一目均衡表の雲下限割れもあり、ボトム感台頭。

良品計画<7453> 1842 +92
人民銀の預金準備率引き下げや11月中国貿易統計の上振れ受け、
中国リスク後退を意識。

セーフィー<4375> 2567 -53
12月IPOラッシュ近づくなか換金売りなどに押される展開。

ビューティガレージ<3180> 3550 -85
9日に決算控えた持ち高調整の売りか。

日本ハウスHD<1873> 413 +65
大幅上方修正・増配や自己株消却を評価。

日本電波工業<6779> 1729 +238
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価を引き上げ。

ラクーンHD<3031> 1250 +133
決算発表後の急落にも一巡感で自律反発。

ソフトバンクグループ<9984> 5508 +405
アリババ株の急反発でリバウンド期待向かう。

アドウェイズ<2489> 914 +93
あらためて高水準の自社株買い実施を期待視。

井筒屋<8260> 393 -4
値動きの軽さを手掛かりに短期資金の上値追い続く。

朝日インテック<7747> 2533 +155
ジェフリーズ証券では投資判断を格上げ。

ジェイリース<7187> 2196 +76
値動きの軽さから短期資金の関心続き、地合い改善をストレートに反映。

マネックスグループ<8698> 855 +57
ビットコイン価格の反発で安心感も。

ラクス<3923> 3215 +210
マザーズ反発などで中小型グロース株の一角にも押し目買い。

アイホン<6718> 2028 -206
株式売出実施による需給悪化を警戒視。

福井コンピ<9790> 3475 -320
株式売出による需給懸念が優勢に。

日本シイエムケイ<6958> 534 -33
6日急騰の反動による利食い売りが優勢。

日本水産<1332> 556 -33
SMBC日興証券では投資判断を格下げへ。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー