fbpx

アートネイチャー—2021年12月度単体月次売上高速報を発表

マネーボイス 必読の記事



アートネイチャー<7823>は14日、2021年12月度の単体月次売上状況(速報)を発表した。

12月度の総売上高は前年同月比4.9%増となった。オーダーメードかつら、増毛・育毛商品等の主要商品売上高は、男性向けが同13.7%減、女性向けが同40.6%増、合計が同1.2%増となった。主要商品売上高が前年同月比増加となったのは2021年7月以来のこと。特に女性向け新規については、2021年9月から販売を開始した新商品「フィーリン」の効果もあり、同203.2%増となった。
総売上高の当期累計(2021年4-12月)は、前年同期間比18.1%増となった。また、主要商品売上高の当期累計は、男性向けが同15.1%増、女性向けが同33.3%増、合計が同21.3%増となった。

また、同社は、東京証券取引所より11日、2022年4月4日をもって新市場区分として「プライム市場」へ移行することが公表されている。
同社は、「プライム市場」の上場企業として、コーポレート・ガバナンス体制を一層強化するとともに、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に努めていくとしている。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー