fbpx

東京為替:ドル・円は一時114円51銭まで反発も株高一服で上げ渋る

マネーボイス 必読の記事



17日午前の東京市場でドル・円は上げ渋り。米長期金利の上昇を意識して114円15銭から114円51銭まで買われたが、その後は株高一服を意識して114円40銭台でのもみ合いが続いている。本日発表された中国の10−12月期国内総生産は前年比+4.0%で市場予想を上回ったが、12月小売売上高は市場予想を下回っており、まちまちの内容だったことから、リスク選好的なドル買いは特に増えていない。日経平均は194円高で午前の取引を終えた。なお、本日は米国市場が休場となるため、リスク選好的なドル買いが大きく広がる可能性は低いとみられる。こまでのドル・円は114円15銭から114円51銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1400ドルから1.1417ドルで推移。ユーロ・円は130円29銭から130円62銭で推移。

【要人発言】
・岸防衛相
「北朝鮮ミサイル、最高高度は約50キロ程度」
「大使館ルートを通じて北朝鮮に抗議したと承知」」

【経済指標】
・日・11月コア機械受注:前月比+3.4%(予想:+1.2%)
・中・10-12月期国内総生産(GDP):前年比:+4.0%(予想:+3.3%)
・中・12月鉱工業生産:前年比+4.3%(予想:+3.7%)
・中・12月小売売上高:前年比+1.8%(予想:+3.8%)
・中・12月調査失業率:5.1%(予想:+5.0%)

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー