fbpx

NY外為:ポンド軟調、マン英中銀MPC委員のタカ派発言も利上げ織り込み済み

マネーボイス 必読の記事



英中銀の金融政策委員会(MPC)メンバーのマン委員は、「賃金、物価期待を和らげる必要」とし、中銀の金融政策が強いインフレに対処する必要があるとの考えを示した。さらに、BOEの行動がなければ、高インフレの長期化リスクがあると警告した。
金利先物市場は2月の利上げを9割織り込んでいる。

英国の利上げはほぼ織り込み済みと見られポンドは軟調に推移。ポンド・ドルはFRBのタカ派を織り込むドル買いに1.3563ドルへじり安。ポンド円はリスク回避の円買いに154円47銭から154円08銭まで下落した。ユーロ・ポンドは0.8353ポンドから0.8374ポンドまで上昇した。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー