fbpx

【市場反応】米・1月消費者信頼感指数/リッチモンド連銀製造業指数、ドルまちまち

マネーボイス 必読の記事



コンファレンスボードが発表した米1月消費者信頼感指数は113.8となった。12月115.2から低下も予想111.2を上回った。現況指数は148.2と、12月144.8から上昇し昨年8月来で最高となり指数を押し上げ。一方、期待指数は90.8と、95.4から大幅低下した。

同時刻に発表された米国の1月リッチモンド連銀製造業指数は8と、12月16から低下しマイナスとなった昨年9月来で最低となった。

ドルはまちまち。ドル・円は114円00銭から113円80銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1270-75ドルの安値圏で推移。

【経済指標】
・米・1月リッチモンド連銀製造業指数:8(予想:14、12月:16)
・米・1月消費者信頼感指数:113.8(予想:111.2、12月:115.2←115.8)


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー