fbpx

前日に動いた銘柄 part1 7&iHD、コナミHD、任天堂など

マネーボイス 必読の記事



銘柄名<コード>26日終値⇒前日比
7&iHD<3382> 5333 +50
ゴールドマン・サックス証券は
投資判断「買い」継続で目標株価を5600円から5800円へ引き上げ。

東京海上<8766> 6781 +93
東海東京証券は投資判断を「Neutral」から「Outperform」へ格上げ。

コナミHD<9766> 6090 +180
野村證券は投資判断「Buy」、目標株価7300円でカバレッジ再開。

フルキャスト<4848> 2128 +78
野村證券は投資判断「Buy」継続で、目標株価を2970円から3100円へ引き上げ。

EduLab<4427> 840 +118
東証に改善報告書提出で安心感も。

KeePer技研<6036> 1900 +167
通期業績下方修正も目先の悪材料出尽くし感に。

ローツェ<6323> 10630 +490
岡三証券では目標株価を引き上げ。

スズキ<7269> 4875 +266
インド子会社が好決算を発表で株価上昇。

コーエーテクモ<3635> 4130 +190
野村證券では投資判断「バイ」でカバレッジ再開。

ブレインパッド<3655> 1162 +70
実質業績上方修正を受けて見直し買いの動きに。

カプコン<9697> 2675 +83
本日決算発表を控えているが。

HOYA<7741> 14735 +495
突っ込み警戒感強まる中、半導体関連の一角リバウンドなどで押し目買い。

Gunosy<6047> 736 +23
インド株の反発なども手掛かり視か。

マネーフォワード<3994> 5060 +225
目先の底打ち感からの買い戻しが続く形か。

任天堂<7974> 56300 +2350
野村證券ではカバレッジ再開で投資判断「バイ」。

Genky DrugStores<9267> 3705 -435
上半期は営業減益決算に転じる形へ。

日置電機<6866> 6560 -550
今期の収益成長鈍化見通しをマイナス視。

きもと<7908> 215 -17
10-12月期営業益は2ケタ減益に転じる。

塩野義製薬<4507> 6397 -392
メルクが年内にも新型コロナ予防薬承認申請と伝わり競争激化懸念。

石川製作所<6208> 1407 -56
地政学リスクの高まり映して25日に大幅高の反動。

出光興産<5019> 2946 -304
特に材料観測されず、リバランスの動きなど需給要因か。

日本電産<6594> 10210 -335
決算発表を控えて警戒感が優勢にも。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー