fbpx

今日の為替市場ポイント:米国の金融引き締めを意識してドル買い継続の可能性

マネーボイス 必読の記事



26日のドル・円は、東京市場では113円78銭から113円99銭まで反発。欧米市場では、113円97銭から114円69銭まで上昇し、114円68銭で取引終了。本日27日のドル・円は主に114円台で推移か。米国の金融引き締めを意識してドル買いは継続する可能性がある。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、連邦公開市場委員会(FOMC)の会合終了後に行われた会見の質問で、毎回の利上げを否定しなかった。FOMC終了後に公表された声明では「FF金利の誘導目標レンジ引き上げが近く適切になると見込んでいる」との見解が表明された。また、バランスシート縮小については、「FF金利誘導目標レンジの引き上げプロセスを開始した後に実施する」との説明が付与されている。

パウエル議長の発言を受けて2022年における米利上げ確率は上昇した。CMEのFedWatchによると、2022年3月末時点で0.25ポイント以上の利上げが実施される確率は26日時点で100%。また、2022年12月末までに合計1.25ポイント以上の利上げが実施される確率は50%を超えているようだ。FRBは今年半ば頃にバランスシートの縮小作業に着手する可能性が浮上しており、米長期金利の動向について予断を持つことは難しいものの、ドルに対する強気な見方が広がる可能性がある。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー