fbpx

前場に注目すべき3つのポイント~調整トレンド継続も、ひとまずFOMC通過によって値ごろ感からの買いは意識されやすい~

マネーボイス 必読の記事



27日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:調整トレンド継続も、ひとまずFOMC通過によって値ごろ感からの買いは意識されやすい
■ファナック、3Q営業利益 114.4%増 1399億円、通期上方修正
■前場の注目材料:三菱ロジスネクスト、供給網再編、フォーク中国依存脱却


■調整トレンド継続も、ひとまずFOMC通過によって値ごろ感からの買いは意識されやすい

27日の日本株市場は、売り一巡後の底堅さを見極める相場展開が見込まれる。26日の米国市場はNYダウが129ドル安となる一方で、ナスダックは小幅に上昇した。マイクロソフトの好決算などがけん引し買い先行で始まった。また、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え買戻しが先行し、NYダウは一時34800ドルを回復する場面もあった。ただし、パウエルFRB議長の会見では、3月の利上げの可能性や各会合での利上げの可能性も除外しないと言及したほか、バランスシートの縮小も過去に比べて速やかなペースになると言及するなどタカ派姿勢を示したため売り圧力が強まり、ダウは下落に転じた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比90円安の26920円。円相場は1ドル114円60銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや売り優勢から始まることになりそうだ。シカゴ先物は一時27400円まで上昇した後に、26775円まで急落するなど、引き続き値動きの荒い状況が続いていることから、先物主導による短期的な仕掛け的な売買に振らされやすいだろう。また、テスラは取引終了後に四半期決算を発表し、時間外取引で下落していることも重荷となりそうだ。

一方で、ナスダックは小幅ながらプラスを維持したほか、半導体株が買われていることから、FOMC通過によるアク抜けの動きも見られているようだ。また、昨夕決算を発表したファナック<6954>、日東電工<6988>などは決算評価の動きが期待されることから、日経平均を下支えする可能性にも期待したいところであろう。そのため、日経平均は下値を探るトレンドを形成しているものの、下げ渋る動きを見せてくるようだと、押し目狙いの動きも意識されてくる可能性はあるだろう。

また、昨日はマザーズ指数、JASDAQ平均が4営業日ぶりに反発した。明確なボトム形成は確認されていないものの、ひとまずFOMC通過によって値ごろ感からの買いは意識されそうだ。また、決算発表が本格化してきたが、上方修正や配当の増額修正の動きが目立っているため、これを材料視した個別物色の動きも強まりやすい。特に足元で調整が続いていたこともあり、修正リバウンドを狙ったスタンスは強まろう。


■ファナック、3Q営業利益 114.4%増 1399億円、通期上方修正

ファナック<6954>が発表した第3四半期決算は、売上高が前年同期比44.0%増の5402.50億円、営業利益は同114.4%増の1399.46億円だった。FA部門については、CNCシステムの主要顧客である工作機械業界の需要は、堅調であった中国に加えて欧米でも増加する等、各主要市場で堅調に推移し、CNCシステムの売上も増加した。あわせて2022年3月期業績予想の修正を発表。営業利益は1775億円から1865億円に上方修正した。コンセンサス(1950億円)に近づく格好に。


■前場の注目材料

・ナスダック総合指数は上昇(13542.12、+2.82)
・1ドル114.60-70円
・SOX指数は上昇(3407.00、+56.15)
・米原油先物は上昇(87.35、+1.75)
・米国景気の拡大
・海外のコロナ感染沈静化
・日銀は金融緩和を長期化
・株価急落時の日銀ETF買い


・三菱ロジスネクスト<7105>供給網再編、フォーク中国依存脱却
・日本電産<6594>半導体内製へ、モーター部品安定供給
・丸紅<8002>カナダ社へガビロン売却、4000億円資金回収
・マツダ<7261>北米向け「CX—50」量産、米アラバマ共同工場で
・トヨタ<7203>31日まで停止延長、国内11工場19ライン
・曙ブレーキ<7238>国内4拠点を専門工場化、事業再生計画加速
・NTTデータ<9613>ソフト開発の環境負荷低減、パートナー160社に展開
・ZHD<4689>即配サービス本格化、日用品など最短15分
・花王<4452>ミルボンと美容室でヘルスケア、共同プロジェクト開始
・カネカ<4118>マイナス70℃の潜熱蓄熱材を開発
・第一三共<4568>日本イーライリリーと片頭痛薬の製販承認取得
・住江織物<3501>再生カーペット生産増強


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・特になし

<海外>
・10:30 中・12月工業企業利益(11月:前年比+9.0%)
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー