fbpx

シュッピン—フクイカメラサービスと資本業務提携

マネーボイス 必読の記事



シュッピン<3179>は26日、フクイカメラサービス(福井県福井市)と資本業務提携契約を締結し、フクイカメラサービスの発行済株式数の35%を取得したことを発表した。

同社は、「価値ある新品と中古品」を安心・安全に取引できるマーケットを創造し、社会貢献をすることを企業理念として掲げ、カメラ事業の収益性強化と共に、更なる事業拡大を目指している。また、同社が運営するカメラ専門店「Map Camera」の顧客に対して、安定した商品供給と確かな品質を提供することが求められている。一方、フクイカメラサービスは、高い修理技術と年間7万台のカメラ修理実績を有している。
そうした状況において、両社の業務提携分野としては、以下の3点が挙げられている。
(1)カメラの状態確認及び修理事業の強化等、商品の品質向上に向けた事業協力、(2)商品の安定供給を目的とした事業協力及び共同事業の実施検討、(3)人事交流を通じた事業ノウハウの共有及び人材育成。
同社は、今回の資本業務提携によって、両社のもつ強み、技術、人材のシナジー効果を最大限発揮し、より一層カメラ事業でのシェア拡大を図りつつ、収益向上及び企業価値向上を目指すとしている。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー