fbpx

東京為替:ドル・円は下げ渋り、夕方に値を戻す

マネーボイス 必読の記事




27日の東京外為市場でドル・円は下げ渋り。米金融正常化を受けた金利高でドル買いが先行し、114円79銭まで上昇。その後は日経平均株価が下げに転じ、下げ幅拡大を嫌気した円買いで114円48銭まで下げたが、午後は一段の円買いが後退しドルは値を戻した。

・ユーロ・円は129円02銭から128円54銭まで下落した。
・ユーロ・ドルは1.1243ドルから1.1215ドルまで値を下げた。

・17時時点:ドル・円114円60-70銭、ユーロ・円128円60-70銭
・日経平均株価:始値27,139.88円、高値27,193.59円、安値26,044.52円、終値円26,170.30(前日比841.03円安)

【要人発言】
・特になし

【経済指標】
・NZ・10-12月期消費者物価指数:前年比+5.9%(予想:+5.7%、7-9月期:+4.9%)
・中・12月工業企業利益:前年比+4.2%(11月:+9.0%)



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー