fbpx

森六ホールディングス—2025年3月期を最終年度とする「第13次中期経営計画」を策定

マネーボイス 必読の記事



森六ホールディングス<4249>は17日、2023年3月期を初年度とし、2025年3月期を最終年度とする「第13次中期経営計画」を策定したことを発表。

基本方針は「CREATE THE NEW VALUE」、2030年ビジョンに向けたファーストステップ(STEP1)と位置付けた第13次中期経営計画では、強みのある事業の強化・成長分野の絞り込みを行う。

基本戦略は、1)安定した財務基盤の確立・収益力の強化(フレキシブル生産体制の進化、高効率生産の推進)、2)研究開発の強化による価値創造と2030年に向けた種まき(技術領域の拡張、独自技術の保有、サプライチェーンを通じた強みの創出)、3)サステナビリティ活動の推進による経営のレジリエンス向上(企業価値の向上、ガバナンス機能の強化)としている。

連結業績目標は、2025年3月期売上高1430億円、営業利益(率)110億円(7.7%)、ROE9.0%以上を目指す。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー