fbpx

20日の日本国債市場概況:債券先物は149円78銭で終了

マネーボイス 必読の記事




<円債市場>
長期国債先物2022年6月限
寄付149円64銭 高値149円85銭 安値149円55銭 引け149円78銭
売買高総計24939枚

2年 436回 -0.060%
5年 151回  0.005%
10年 366回  0.235%
20年 180回  0.735%

債券先物6月限は、149円64銭で取引を開始。日本の4月全国消費者物価指数(生鮮品除く)が前年比+2%超に達したことや米10年債利回りの上昇を受けて、一時売りになったとみられ、149円55銭まで下げた。その後、財務省の20年債入札の結果は順調との見方から買いが急速に強まり、149円85銭まで上げた。現物債の取引では全年限が買われた。

<米国債概況>
2年債は2.62%、10年債は2.85%、30年債は3.06%近辺で推移。
債券利回りはやや上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.97%、英国債は1.90%、オーストラリア10年債は3.30%、NZ10年債は3.49%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]
・23:00 ユーロ圏・5月消費者信頼感指数速報値(予想:-21.5、4月:-22.0)

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー