fbpx

個別銘柄戦略:双日や川崎汽船などに注目

マネーボイス 必読の記事



先週末20日の米株式市場でNYダウは8.77ドル高の31261.90、ナスダック総合指数は33.88pt安の11354.62、シカゴ日経225先物は大阪日中比55円安の26715円。米株市場で方向感に乏しい展開が続くなか、東京市場でも物色動向が定まらなさそうだ。こうした中、市場の最大の関心事であるインフレに対して耐性のある銘柄に買い安心感からの物色が向かいそうだ。具体的にはINPEX<1605>や石油資源開発<1662>などの鉱業株のほか、三菱商事<8058>、双日<2768>などの商社株が好まれやすいだろう。また、中国景気の後退懸念が緩和されつつあるなか、荷動きの回復への連想が生まれやすく、かつ他業種に比べて積極的な株主還元への評価が高い郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>などの海運株にも買いが入りそうだ。一方、米長期金利の低下を映して三菱UFJ<8306>や第一生命HD<8750>などの金融関連は軟調が予想される。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー