fbpx

キャリアインデ、北越メタル、西松屋チェなど(訂正)

マネーボイス 必読の記事

下記のとおり修正します。
(誤)三菱重 4891 +52 西松屋チェ 1472 -87
(正)三菱重 4890 +51 西松屋チェ 1470 -89

<8306> 三菱UFJ 739 +5.1
続伸。前日の米国市場では金融関連株が軒並み大幅に上昇しており、国内メガバンクへ波及する展開となっている。JPモルガンが投資家向け説明会において、22年12月期の純金利収入の見通しを上方修正しており、買い材料視されたことがきっかけ。融資の増加に加え、金利上昇で利ざやが拡大したもよう。JPモルガンは6%超の株価上昇となり、シティグループやバンク・オブ・アメリカなども6%前後の上昇となっている。

<7011> 三菱重 4890 +51
一時急伸。日米首脳会談において、岸田首相は防衛費の大幅増額の意向を表明し、バイデン米大統領から強い支持を受けたと伝わっている。安倍元首相は「おそらく6兆円台後半という意味ではないか」との認識を示している。ロシアのウクライナ侵攻をきっかけに、防衛費の拡大方向は想定されていたが、首相表明を受けて、改めて同社など防衛予算拡充がメリットになる銘柄へ関心が向かう展開となっている。

<8593> 三菱HCキャ 624 +10
大幅続伸で年初来高値を更新。大和証券では投資判断を「3」から「2」に格上げ、目標株価も640円から710円に引き上げている。2025年度にかけて配当性向40%程度との目線を示したことで、配当利回り面での魅力が高まったと評価のもよう。また、航空分野において、ロシア向けのエクスポージャーが僅少だった点も他社比では優位とし、妥当PER水準を引き上げてもいるようだ。

<8227> しまむら 11100 -510
大幅続落。前日に5月の月次動向を発表。既存店売上高は前年同月比1.8%増と7カ月連続でのプラス成長になっている。客数が同0.2%減少した一方、客単価が同1.4%上昇した。ただ、中旬以降の天候不順の影響などで、3月の同2.9%増、4月の同6.3%増から増収率は鈍化しており、高値圏での利食い売りにつながっているもよう。また、中国からの納期遅れの影響が出ていることなども警戒視されている。

<6141> DMG森精機 1921 +89
大幅続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断「オーバーウェイト」を継続で、目標株価を2700円から2900円に引き上げている。高付加価値化で収益性改善が進んでおり、自動化・脱炭素を事業機会に中期的な業績拡大が続くとの見方に変更はないとしている。また、22年12月期配当予想を60円から70円に増配したことも、株主還元強化と業績見通しに対する自信の表れとして評価している。

<7545> 西松屋チェ 1470 -89
前日比変わらずを挟んで4日ぶり大幅反落。前日に5月の月次動向を発表、既存店売上高は前年同月比1.2%減、5カ月ぶりの前年比マイナスとなっている。客数が同0.9%減少したほか、客単価も同0.3%低下している。3-4月は5%超の増加となっていたため、売上モメンタムの低下を警戒視する動きが優勢に。全店売上高増収率も前月の8.7%増から2.0%増に低下している。

<6538> キャリアインデ 521 -43
急落。契約ライフサイクルマネジメントシステムを提供するコントラクツの第三者割当増資の引き受け、子会社化を先週末に発表しているが、その後は売り優勢の展開が続く形になっている。主力領域のHR領域・不動産領域におけるシナジーの創出を目指すことを出資の理由としているが、コントラクツ社は営業赤字が続き、足元では赤字幅が拡大する状況にあるため、短期的な連結業績の重しになるとの見方が優勢となっているようだ。

<5446> 北越メタル 1097 +68
一時急伸。22年6月21日開催予定の第106回定時株主総会において、筆頭株主であるトピー工業<7231>が提出している株主提案に対し、23日取引終了後に反対意見を表明した。今後、トビー工業による北越メタル株の追加取得や、委任状争奪戦に発展する可能性も想定されることから、思惑材料となっているようだ。なお、23年3月期営業利益は5.00億円予想(前期は7.62億円の赤字)。

<4016> ミット 707 +100
ストップ高。子会社のビーガルが、ドコモの「ビジネスdXストア」に「Wisebook ONE」をOEM提供し、6月1日から「dX電子カタログ」のサービス名で提供すると発表している。「ビジネスdXストア」は中堅・中小企業向けの業務支援クラウドサービスであるが、同カタログを導入することで、社内外の資料やカタログをまとめて電子ブック化し管理・運用できるようになるようだ。業績インパクトを期待する動きが先行。

<3326> ランシステム 510 +80
ストップ高。AOKIHDを割当先とする第三者割当増資の実施を発表している。発行価格は412円。AOKIHDではアニヴェルセルHDからの株式譲受とあわせ、同社株式の50.71%を保有することになり、同社はAOKIHDの子会社となる。AOKIHDは複合カフェ「快活CLUB」を運営しており、子会社となる同社にも強い相乗効果が期待される展開となっているようだ。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー