fbpx

(中国)上海総合指数は買い先行もマイナス圏転落、景気の急速悪化懸念で

マネーボイス 必読の記事



26日の上海総合指数は買い先行。前日比0.13%高の3111.48ptで寄り付いた後は、日本時間午前11時00分現在、0.29%安の3098.45ptで推移している。景気の急速悪化懸念が高まっていることが圧迫材料となっている。一方、指数の下値は限定的。景気対策への期待感がサポート材料となっている。国務院(内閣に相当)は25日、経済成長安定の政策パッケージについて、詳細なガイドラインを5月末までに発表するとした。また、中国人民銀行(中央銀行)も貸し出しの拡大などを市中銀行に要請している。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー