fbpx

欧米の注目経済指標:5月米雇用統計で失業率はやや低下する見通し

マネーボイス 必読の記事



5月30日−6月3日週に発表される主要経済指標の見通しについては、以下の通り。

■5月31日(火)午後6時発表予定
○(欧)ユーロ圏5月消費者物価コア指数-4月実績は前年比+3.5%
参考となる4月実績のインフレ率は3月実績を大幅に上回った。エネルギー価格の上昇は一服しつつあるが、財・サービスや飲食料の上昇が伸び率を押し上げている。こうした状況は5月も変わらないとみられており、物価上昇率は4月実績と同水準か、やや上回る可能性がある。

■5月31日(火)午後11時発表予定
○(米)■5月CB消費者信頼感指数-予想は103.9
参考となる4月実績は107.3で3月改定値を若干下回った。期待指数は77.2で前月から上昇。5月については、ガソリン価格の高騰などで物価は上昇しており、景況感は多少悪化する可能性がある。高額商品の購入意欲は衰えていないとの見方があるものの、5月は4月実績を下回る見込み。

■6月1日(水)午後11時発表予定
○(米)5月ISM製造業景況指数-予想は55.0
参考となる4月実績は55.4で2020年7月以来の低い水準。受注残、雇用指数が低下。仕入れ価格の上昇ペースは鈍化しつつある。5月については、サプライチェーンの制約状況は改善しつつあるが、中国における都市封鎖の影響が出ていることから、4月実績を下回る可能性がある。

■6月3日(金)午後9時30分発表予定
○(米)5月雇用統計-予想は非農業部門雇用者数は前月比+32.9万人、失業率は3.5%
主要製造業における雇用の伸びは鈍化しつつある。5月中旬の新規失業保険申請件数は若干増加していることから、非農業部門雇用者数は4月実績を多少下回る見込み。ただ、採用難の状況が一部で続いており、労働参加率が伸び悩んだ場合、失業率はさらに低下する可能性がある。

○その他の主な経済指標の発表予定
・5月30日(月):(独)5月消費者物価指数
・5月31日(火):(日)4月失業率、(中)5月製造業PMI
・6月1日(水):(中)5月財新製造業PMI、(欧)4月ユーロ圏失業率
・6月2日(木):5月ADP雇用統計
・6月3日(金):(欧)4月ユーロ圏小売売上高、(米)5月ISM非製造業景況指数


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー