fbpx

【市場反応】米5月中古住宅販売成約指数、予想外のプラスでドル買い再燃

マネーボイス 必読の記事



全米不動産業者協会(NAR)が発表した5月中古住宅販売成約指数は前月比+0.7%となった。予想外に昨年10月来のプラスに改善。前年比では-12%。6カ月連続のマイナス。

米5月中古住宅販売成約指数の予想外のプラス改善で米国債相場は再び軟化。米10年債利回りは3.15%から3.17%へ上昇した。ドル買いも再び強まった。ドル・円はリスク回避の動きに135円00銭付近まで下落後、再び135円22銭へ上昇。ユーロ・ドルは1.0585ドルへ強含んだのち、1.0574ドルへ軟化した。

【経済指標】
・米・5月中古住宅販売成約指数:前月比+0.7%(予想:-4.0%、4月:-4.0%←-3.9%)

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー