fbpx

レアジョブ Research Memo(9):2025年3月期の営業利益10億円を経営目標に設定

マネーボイス 必読の記事



■今後の見通し

2. 中期経営計画
レアジョブ<6096>が成長戦略の中心に置いているサービスは「PROGOS」である。同社は「PROGOS」により、各事業で収集されるアセスメントデータを蓄積するアセスメントデータプラットフォームを競争優位の源泉としている。まず、英語スピーキング力のアセスメントから開始し、英語リーディング・リスニング・ライディング力やグローバルビジネスに必要なスキル等へとアセスメントの対象を拡大させていく方針である。将来的には、同社はオンライン英会話の会社からAIアセスメントカンパニーと呼ばれる存在を目指す。

同社は、「PROGOS経済圏」を創出していく考えである。現在、英語力のアセスメントといえば、大人向けではTOEIC(R)、子供向けでは英検(実用技能英語検定)が非常に大きな市場となっている。なかでも、企業の人事採用では英語力の判断材料としてTOEIC(R)を採用しているケースがほとんどである。同社はTOEIC(R)経済圏を500億円から1,000億円の規模であると推計している(TOEIC(R)を受験する市場だけでなく、TOEIC(R)対策書籍などを含む)。同社としては、まずは「PROGOS」が英会話力のアセスメントとして、主要なサービスとなることを目指している。それが実現された際には、TOEIC(R)経済圏と同様の規模の500億円から1,000億円の「PROGOS経済圏」が創出できると見込んでいる。そして、「PROGOS経済圏」のうち、100から200億円(経済圏の1~2割程度)を同社が獲得することを想定している。

2022年3月期の「PROGOS」について、同社は100万回受験実施を目指していた。結果として、120 万回の受験申込数を獲得することができ、企業の人事担当からの需要が強いことは確認できたという。一方で、受験が従業員の自主性に任されるケースが多いことなどから、受験回数は約13万回にとどまった。つまり、従業員としては、アセスメントを受けるインセンティブはまだ薄い状態と言える。同社は受験の実施を顧客企業の制度に組み込み(例としては、海外事業部に行くためには、ある一定のスコア以上が必要であるなど)、受験率を向上させていくことが重要と考えており、今後はその施策を実施していくと見られる。

以下は、各事業における成長戦略である。

(1) 個人向け事業
個人向けサービスに関しては、英会話を中心に社会で活躍するために必要な幅広いスキル・資格を学ぶサービスへと拡大させていく戦略である。ただ、現状のオンライン英会話市場では、コロナ禍のため海外との往来が減少したことなどから英会話ニーズが一時的に減退していること、急激な円安進行により講師への支払報酬の増加で収益性の悪化が見込まれるなどの懸念がある。こうしたなか、同社は現状を踏まえた成長へのアクションとして、サービス提供価格の改定(値上げ)、サービスの高付加価値化に取り組む考えである。

同社は、個人向けサービスについて内容の改善を行ってきたが、価格については約8年間変更を行っていない。オフラインの英会話スクールとの価格差は大きく、価格を上げていく余地はあるとの考えである。サービスについては、従来にはなかった機能を追加し、競争力を向上させていくと見られる。すでに社内でプロジェクトを組んで検討を始めており、30%程度の値上げを視野に入れているようだ。

(2) 法人向け事業
企業向け法人研修のアドバイザリーポジションを狙う戦略である。まずは、ビジネスパーソンのグローバルビジネススキルの可視化を行う。次に、グローバルリーダーの輩出に向けて、アセスメントに基づく人事向けソリューションサービスを拡大していく計画である。足元においては、「PROGOS」を飛躍的に普及させるため、大企業を中心に導入を進めていくことを狙っている。

(3) 文教向け事業
オフラインとオンラインを組み合わせた教育サービスとして、K12(未就学児(幼稚園の年長)から高校卒業までの教育期間)領域へ展開させていく戦略である。現状、「PROGOS」はビジネスパーソン向けの英会話力アセスメントに特化しているが、小学校高学年から高校生にも広げていく。すでに、米国や中国では入学試験の英語で、AIを活用したアセスメントが取り入れられており、日本でも同様の展開が広がることを見越したものである。

また、2023年4月に連結子会社化予定のボーダーリンクのALT派遣事業を起点に、保育園や学童施設への外国人材派遣などの領域まで事業を拡大することを見込んでいる。

(4) 海外向け事業
同社グループのサービス販売と事業アセットを活用したサービスを展開していく戦略である。具体的に進んでいる取り組みとしては、フィリピンのBPO事業者への「PROGOS」導入やベトナムのオンライン英会話事業者への講師供給などが挙げられる。

(5) 経営数値目標
同社では、中期的な経営目標として2025年3月期に営業利益10億円を目指すとしている。法人営業の増員やシステム開発の投資を行うなど、目標達成のために様々な施策を実行していくと見られる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 藤田 要)



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー