fbpx

6月30日のNY為替概況

マネーボイス 必読の記事



 30日のニューヨーク外為市場でドル・円は136円30銭から135円57銭まで下落し、引けた。

米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ指標として重視している米5月コアPCE価格指数の伸びが3カ月連続で鈍化し予想も下回ったためインフレピークアウトとの見方が強まった。また、米6月シカゴ購買部協会景気指数が予想以上に低下し、パンデミックによる経済封鎖直後の2020年8月以降で最低水準となったため景気後退懸念も強まり、FRBの急速な利上げ観測の後退で金利低下に伴いドル売りが優勢となった。

  

ユーロ・ドルは1.0384ドルから1.0488ドルまで上昇し、引けた。
  

ユーロ・円は141円38銭から142円28銭まで上昇。
 
ポンド・ドルは1.2100ドルから1.2188ドルまで上昇。


ドル・スイスは0.9594フランまで上昇後、0.9535フランまで反落した。
 
 

[経済指標]  

・米・5月コアPCE価格指数:前年比+4.7%(予想:+4.8%、4月:+4.9%)
・米・5月個人所得:前月比+0.5%(予想:+0.5%、4月:+0.5%←+0.4%)
・米・5月個人消費支出(PCE):前月比+0.2%(予想:+0.4%、4月:+0.6%←+0.9%)
・米・先週分新規失業保険申請件数:23.1万件(予想:23万件、前回:23.3万件←22.9万件)
・米・失業保険継続受給者数:132.8万人(予想:131.8万人、前回:133.1万人←131.5万人)
・米・6月シカゴ購買部協会景気指数:56.0(予想:58.0、5月:60.3)


  

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー