fbpx

日経平均は続伸、26500円回復後は戻り待ちの売り優勢

マネーボイス 必読の記事

 

日経平均は続伸。前日の米株式市場は独立記念日で休場。欧州株式市場では英FTSE100や仏CAC40などが上昇した一方、独DAXは軟調。欧州市場はまちまちだったが、時間外取引のナスダック100先物が大きく上昇していたことを支えに日経平均は232.42円高からスタート。また、米国による対中国関税の一部適用除外を巡る報道も後押しした。ただ、日経平均は朝方に26532.51円(378.70円高)まで上昇した後は、節目の26500円を回復した目先の戻り達成感から騰勢一服となった。午後は再び緩やかに値を切り上げる展開となったが、連休明けの米株市場の動きを確認したい思惑も働き、26500円を回復するには至らなかった。

 大引けの日経平均は前日比269.66円高の26423.47円となった。東証プライム市場の売買高は10億3818万株、売買代金は2兆4120億円だった。セクターでは保険、鉱業、石油・石炭が上昇率上位となった一方、海運、不動産、パルプ・紙が下落率上位となった。東証プライム市場の値上がり銘柄は全体の55%、対して値下がり銘柄は41%となった。

 個別では、レーザーテック<6920>や東エレク<8035>が自律反発狙いの買いから上昇。東京海上HD<8766>、第一生命HD<8750>は米金利上昇を受けて大幅上昇。原油先物価格の上昇を背景にINPEX<1605>、石油資源開発<1662>が買い優勢で、大阪チタニウム<5726>は急騰、東邦チタニウム<5727>、大平洋金属<5541>は大幅高となった。エムスリー<2413>、MonotaRO<3064>、SHIFT<3697>、JMDC<4483>などのグロース(成長)株が全般強い動き。

 6月既存店売上がセール前倒し影響を除けば前年比プラスで、客単価の上昇傾向も確認されたファーストリテ<9983>は大幅高。上半期決算の上振れと共に通期計画を上方修正したネクステージ<3186>ももみ合いの末に大きく上昇。楽天銀行の上場申請が好感された楽天G<4755>は一時大幅高。4-6月期が前年比15%営業増益との観測報道が伝わったオービック<4684>が買い優勢。決算が買い手掛かりとなったところでハイデイ日高<7611>、アークランドサカモト<9842>がそれぞれ急伸。水素空気電池の報道を手掛かりにFDK<6955>、クレディセゾン<8253>との資本業務提携が好感されたメディアドゥ<3678>も急伸した。

 一方、郵船<9101>、川崎汽船<9107>、商船三井<9104>の大手海運が揃って大幅に下落。6月既存店売上が前年比マイナスとなった良品計画<7453>が軟調で、既存店売上がプラスながらも5月からの鈍化が嫌気されたユナイテッドアローズ<7606>、アダストリア<2685>は大きく下落。6月既存店売上が3カ月ぶりにマイナスとなったF&LC<3563>も大幅安。前期実績が会社計画を下振れ、今期見通しが市場予想を下回ったクスリのアオキ<3549>は大きく売られた。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー