fbpx

ダイナムジャパンHD Research Memo(9):2022年3月期末の1株当たり配当金は2.6円を実施

マネーボイス 必読の記事



■株主還元

ダイナムジャパンホールディングス<06889/HK>は株主還元の重要性については高い意識を有している。同社が継続的に発展するためには株主価値向上が重要だとの認識が背景にある。このような考えの下、安定した配当を出し続けるだけでなく、自己株式取得も基本方針の1つと位置付けている。

2022年3月期末の1株当たり配当金は足元の収益状況に照らして2.6円とすることを決定し、通期では前期並みの5.0円、配当金総額で3,634百万円となる。また、2022年3月期において自社株買い3,187百万円(30,135,800株、発行済み株式数の約4.0%)も実施しており、総還元額としては6,821百万円、総還元性向で137.1%となる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー