fbpx

クリーク・アンド・リバー社—子会社「Chef’s value」設立

マネーボイス 必読の記事



クリーク・アンド・リバー社<4763>は6月30日、子会社「Chef's value」を設立することを発表した。新会社の本店所在地は東京都港区新橋四丁目、資本金は0.3億円、出資は同社100%。

新会社は、スタートアップ店舗の運営を皮切りに、料理人の生涯価値を高める新しい仕組みづくりに着手する。同社グループと結びついた食のプロフェッショナル達が日本全国で活躍することにより、そのネットワークは業界を活性化し、未来の外食産業を生み出す新しい組織になり得ると考えている。さらに、同社グループのメタバース・XR等のテクノロジーやエージェンシー事業とのシナジーをはかり、新事業や新サービスを次々と創出していく。

同社は、今回の新会社設立により、同社グループのミッションである「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」を、より一層進めていくとしている。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー