fbpx

5日のNY市場はまちまち

マネーボイス 必読の記事



[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;30967.82;-129.44
Nasdaq;11322.24;+194.40
CME225;26245;-95(大証比)

[NY市場データ]

5日のNY市場はまちまち。ダウ平均は129.44ドル安の30967.82ドル、ナスダックは194.40ポイント高の11322.24で取引を終了した。深刻な景気後退懸念に売られ、寄り付き後、大幅安となった。その後発表された5月製造業受注や耐久財受注が予想外に改善したため売りの勢いが弱まったが、ダウは景気後退懸念が終日くすぶり、軟調推移。引けにかけ、暗号資産市場が回復したほかハイテクの上昇で下げ幅を一段と縮小した。金利低下でハイテクの買戻しが継続し、ナスダック総合指数はプラス圏で終了。セクター別では、小売りやメディア・娯楽が上昇した一方で、エネルギーが下落。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比95円安の26245円。ADRの日本株はソニーG<6758>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、伊藤忠<8001>、デンソー<6902>、HOYA<7741>、ブリヂストン<5108>、富士通<6702>、オムロン<6645>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル135.84円換算)で全般冴えない。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー