fbpx

NY外為:ポンド上値重い展開、英政局不安が重し、BOE大幅利上げ示唆も

マネーボイス 必読の記事



NY外為市場では英中銀が大幅利上げ示唆するも、ポンドの上値の重い展開が続いた。英国の政局不安を受けたポンド売りが上値を抑制。ポンド・ドルは1.1876ドルまで下落し20年3月以降2年ぶり安値を更新後、1.1910−15ドルまで反発も依然戻りが鈍い。ポンド円は160円40銭まで下落したのち、162円00銭まで反発。

ジョンソン政権の主要閣僚スナク財務相、保健相の2人が辞任を表明、首相自身にも辞任要請が強まるなど政局不安が強まっている。

一方で、世界の景気後退懸念が強まる中、英中銀はカンリフ副総裁が「英中銀はインフレに対して強力に行動する用意」としたほか、チーフエコノミストのピル英中銀理事が「必要なら利上げペースを加速させる用意がある」としており、景気よりもインフレ対処を優先させ大幅利上げの可能性を示唆しており、ポンドの下値を支える展開となった。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー